読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

追憶

愛おしき時間たち

一緒に時を過ごした編入仲間が昔いた

私と同じく、学部の三年生に編入学をして来た人だった。
必要単位を取得するため、一緒に一,二年の中で授業を受けた。


私はその人と仲良くなりたかった。
その人の持つ丁寧さ、要領の良さ、真面目な姿をとても尊敬していた。


つい最近、仲良くなることを諦めた。
遊びに誘っても反応は無く、人への興味関心も無さそうであり、そもそも好みも私とは大きく異なっていた。
いくら打っても響かぬものに気を使うことに疲れてしまった。


しかしどうだろう、先日はクラスメイトと餃子パーティー
今日はパフェを食べている


完全に私に魅力が無かっただけなのでは無いかとも思い始めた。
自分磨きの季節が来たのかもしれない。

結果を出すという事

先週、実は学校で大泣きしたんです。


今、世の中の多くの大学では春期休暇中かと思いますが、私達は文化祭で行うファッションショーに向けて、朝の9時から夕方5時まで教室に箱詰め状態。

20人近くのクラスメイトが同じ空間で延々と作業をしていると、当然揉め事もある訳で…
人間関係や、度重なるデザイン変更により徐々に精神を削られていく中、打ち合わせ中の先生の一言に涙腺がプッツン。

「やりたくないのは分かるけど」
そんな訳ないじゃろが!!

私これでも、係や班、デザインのリーダーをしていたり
色々案を出したり、スケジュールを立てたり、コミュニケーションをとったり、地味に頑張ってたんですよ。
でもグループワークって大体ちゃんとやっている人に仕事が集まって来てしまうので、朝まで作業をしたり、海外旅行中や年末年始もやってましたね!私の時間って一体なんなんだろう!

そもそも教員が放任主義かつ連絡をしないから、学生に必要以上に負担がかかっているんじゃ!?
そのしわ寄せで疲れ切ってる感あるんだが!?

 

と色々と心の中で文句も垂れましたが、
「やりたくないなんて思ってない!前向きにやる意思はある!でも悲しい!(号泣)」「今が勉強の時だから、ちゃんとやって」

 

きびしーー!!

 

んで引き摺ってずーっと考えてたんですけど
私って確かに頑張りはするけど結果に結びつかないことが多いんですよ、本当に。

 

恐らく注意力が散漫なこと、詰めが甘いこと、ガサツ、判断力、自己満足で終わらせてしまうのが原因かと思われる。

 

中身が良くてもプレゼンがダメなら何も伝わらないし
シャーペンでの点!を書き足しただけで美しくなるものもあるし
要所要所をしっかりまとめる事で、辞書のように有益なものが完成したりするし…

 

努力を実らせたい、結果を出したいのなら、本当にちょっとずつの努力や気遣いを、少しずつ積み重ねることが大切なんだと……痛感致しました………。

 


私には親身になって認めてくれる友人など現在学校にいませんし、文化祭が終わるまでこれらの事をずっと引き摺る気しかしません。(白目)
でも少しでも努力が実ったらスッキリするんだろうなぁ…
不満もエネルギーに変えて負けん気で頑張ってゆきたいです。。

 

科学の面白さ・楽しさを伝える100冊 「科学道100冊」: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる

 

ちなみにリンク貼ろうとしたら、誤って大半の文字を消してしまい白目剥きました…

今度から自動保存してくれるメール機能使おうかな…

行動

貧乏になる人の特徴 - デマこい!

悪運は前持った行動により回避できるということ。

最近ふと

「学業にしても人間関係にしても、認められたいと思う前に私ってただのデブじゃね…?!」

という事実に遅ればせながら気付いた私には、マシュマロ実験と先延ばし癖(時間選考の強さ)の話はリアルタイムに心にぶっ刺さりました。

 

面倒臭がり屋のための筋トレTIPS8つ | 筋トレTIPS

考えを実行に移す為のポイントたち

ふーん…

やる気を一番奮起させるものは行動である事は分かっているんだけど、行動出来ないからやる気がほしいんじゃ!!ってなるんだよね〜〜。

考える事も人間らしいけど、必要であれば自ら考える事を止めて行動に移すのも、理性的な人間らしい選択といえばそうだなと思った。

 

 

ニュース

「エルメスの手しごと」展、表参道で開催 - メゾンに受け継がれる職人技を披露 | ファッションプレス

人が仕事をしてるのを見てるのが好きです

 

ウェス・アンダーソン最新作『Isle of Dogs(原題)』18年公開、日本が舞台のアニメ | ファッションプレス

おら、ワクワクが止まらねえ!

遠征

昨日、参加していた学校のプロジェクトで、ファッションショーをするために愛知へ行って来ました。

 

一泊二日のプチ修学旅行気分。

思い切り楽しみたかったんですが、仲の良い友達などいなかったので1日目は終始ボッチ。

 

もう少し賑やかに、より内面的な付き合いをしたかった。

実際にばか騒ぎをしたら、後でもう少し大人しい人間になりたかったと猛省するだろう。

理想は理想で、大体過ぎた後に憧れるのは真逆なもので
現実と理想、1と10の間を夢想し揺れながら中和して今になっていくのだと思う。

その時相手から感じた空気、その時自分がとった距離が全て

 

満たされなくて、こんな事をブツクサ考えながら過ごしていたのですが、いざショーが終わると満足感で全てがどうでも良く…。

 

 

最近、欲求が満たされずにストレスを感じる事が多かったのだけれど、満遍ない充実感を久々に体験。

 

ナイスタイミングの成功体験でした。

 

きっと今悩む事も明日悩む事も、そのうち昇華されるのかもしれない。

お金さえ払えば大きな爆発の場が確約されている学生生活、万歳である。